• 「Guild/D55修理完了」 2018/12/15
    寒っ・・ 毎度! むちゃくちゃ寒いですねー。 そんな中、 Guildのネック塗装が完了しました・・・ ハイ! […]
  • 「ハル君の誕生日会」 2018/12/11
    ・・・ハッピバースデ~トゥーユ~♪ 毎度www 12月13日は、ウチの長男”ハル君”の14回目の誕生日なんです […]
  • Burny / RLC-60 (1989年製) 2018/12/08
      Burny / RLC-60 (1989年製) フェルナンデスが誇る”ザ・リバイバル・シリーズ”のRLC- […]
  • 「無事に保護」 2018/12/07
    ・・・ハト、飛び出しそうですwww 毎度♪ 1975年製のギターなので、 いろんなところが・・・ と言うか、 […]
  • 「思い入れこそ最強。」 2018/12/05
    毎度!! 落として割れました(泣 と言っても、 今までに3~4回は落としたので バッキバキやったけどねーwww […]
  • Taylor / DCSM “Dan Crary” (1989年代製) 2018/12/02
    Taylor / DCSM “Dan Crary” (1989年製) 綺麗なTaylorが入荷致しました♪ フ […]
  • 「6年周期」 2018/11/27
    ・・・新型投入!! 毎度www 先週ぶち壊れたコンプレッサーあったでしょ、 あの後すぐに新型投入しまして 現在 […]

「TAK LPヘッド折れ修理②」

・・・このパターンは初!!

毎度www
サンドパイパーのサウンドホールは特殊なので、ピックガードもこんな事になりました。
・・・結構大変でしたね(汗

そんな修理もこなしつつ・・・

ヘッド折れ修理の続きですよ~♪
前回は亀裂部分を削り、新しいブロックを接地面の形状合わせをして圧着するところまで紹介しましたので、今回はいよいよボリュート加工に入っていきます!!
亀裂の入った部分はレスポールの一番弱い部分なんです。
ネックの一番細くて薄くなった部分なのに、表からはアジャスターロッドの大きな穴が開いておりますので結果、非常に弱い!!
言葉は悪いですがハッキリ言いますと・・・

折れる構造です。

なので、新たなブロックから“ボリュート”と呼ばれる膨らみを作って強度を上げますよ。

・・・この様に、

削りだして、

ボリュートの完成!!
次回は塗装に移っていきますよ~♪


「STUDIO BELL」
Used Electric guitar/Acoustic Guitar/Amplifier/Effector/Repair.
中古楽器の販売、修理、買い取りに関してのご相談はお気軽に。
エレキギター・アコースティックギターのカスタムなどのご相談はお気軽にどうぞ。
TEL&FAX 0574(63)6312
BELLの商品は全て中古(USED)です。選りすぐりの良品をお試しください。
買取り後、店内にてメンテナンスをしてベストな状態に仕上げます。
新品の良さは当然ありますが、”ジャパンビンテージ”と言われるほど
評価の高い80年前後の国産ギターは、しっかりとしたメンテナンスを施しますと、
最高の パフォーマンスを聞かせてくれます。是非お試し下さい。

Comments are closed.