“SnapperCarbine”

Snapper毎度。
今日のブログは、先日完成した“SnapperCarbine”を御披露目しようと思います。

昨年末からオーナーさんと話し合いをし、イメージを固めていきました。
コンセプトは“Military”
アメリカ軍の正式採用銃”M1Carbine”からSnapperCarbineに決定。デザインは大戦中のアメリカ軍戦車“M4Sherman”をイメージしたグラフィックAGEDフィニッシュに仕上げました。ピックガードはスチール製のハンドメイドでデッドストック物のマイナスビスと共に酸化腐食し、リアルで重厚な雰囲気に仕上げました。
ボディには丸釘を打ち込み、上からブラシ塗装する事でリベット風に。また
撃墜マークや実際に書かれていたメッセージなどを入れ、風化&劣化した様なブラシ塗装をボディ全体に入れる事で、更にリアルなフォルムに生まれ変わりました。
遊び心的にコントロール部にはキーシリンダーを装備。キーを回す事でアクティブピックアップの電源
がONになり、「SnapperCarbine始動」となる訳です。オーナーさんがキーを抜いてしまえば誰が弾いても音は出ませんので、正に愛機という事ですね。

SnapperCarbineSnapperCarbineSnapperCarbineSnapperCarbineSnapperCarbineSnapperCarbineSnapperCarbineSnapperCarbine

“SnapperCarbine”を見てみたい方は、RiverAroundのLIVEに足を運びましょう!!

SnapperCarbine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL