「ギター修理」

お馴染みのバーニーカスタム君です。・・・毎度!!

今日の修理品ですよ。
70年代のフェルナンデス製のストラトなんですけど、オーナーさんが昔からカスタムするのが好きでね、その度に触っているのでオイラもこのギターは他人の物には思えなくなってきましたわ。(笑
今回のカスタムは、リアPUをP90からハムにスワップしました。
いろんなピックアップを経てH-S-H仕様に辿り着いた訳なんですが、果たしてこれが最終形になるのでしょうか?(笑

2mm前???そしてまたまたヒスコレ君ですよ。
「2mm前」って貼ってあるでしょ・・・

そうなんです。
2mm前に穴を開け直すんですよ!!

メイプルで埋木をしたところです。ビンテージレスポールのテールピースはブリッジと同じく、1弦側が前に出ているんです。
左のスタッド穴の修正をして、トップの色を剥ぎ、アーチのシェイプ加工を施したのですからねぇ。

・・・とことんやらなアカンでしょ!!

いよいよ塗装ですよ!!これでスタッドの修正は完了。
木地の調整を終えたら、いよいよリフィニッシュへ向けて動き出します!!

・・・ヤバい!!塗装ブースパニックですわ。(汗

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL