「ギター修理」


・・・毎度w

今日はMARTIN修理3連チャンのラストを飾る修理を行っております♪
ブリッジが飛んだウクレレ→セル&力木がパランパランになったD-28に続きまして最後は”DM”の修理ですが、セル&ネックジョイントが剥がれておりましたねー!!
現在は圧着完了しまして、ネックジョイント部での通称”腰折れ”をアイロン矯正中でございます。

あ~ともう一つ、長い剥離作業を終えたStingRay BASSが、ようやく塗装に入りました~っ!!
長かったわー、ホント。これをナチュラルにリフィニッシュするのですが、ボディ材がアルダーではなくポプラなんですよね~

スティングレイの場合、通常のナチュラルフィニッシュはアッシュ材で、ベタ塗りがアルダーかポプラという変則的な仕様なんです。

珍しいポプラのナチュラルフィニッシュ・・・
色々とやっちゃいますwww

それでは最後に久々のスティールパンサーをどうぞ♪
・・・オジーそっくりすぎて笑えるwwwww

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL