「ケーブル製作」

・・・毎度。

今日もいろんな修理を行いましたよ!!
いろいろある中で、たまにはケーブル製作なども行うんですわ。

よく忘れるんですよね~・・・これ、片側はハンダ付けが完了して後はL型プラグのハンダ付けを行うと完成なのですが、ここでありがちな失敗が“パーツの通し忘れ”なんですよ!!ホント、ケーブル作った事がある人なら必ず一度や二度は失敗した事あると思います。
パーツを通し忘れたままハンダ付け完了しちゃってさ、キャップを締める事が出来ずに絶縁不可能なデンジャラスケーブルの出来上がりですわっ!!オイラも何度やった事か・・・。
でも今回は大丈夫でしたわ。画像で説明しますと固定台にプラグがあるでしょ、そこにケーブルをハンダ付けしまして、ここからが通したパーツですわ。透明のチューブで接点を直接絶縁し、その上からスプリング付きのキャップを装着、その上から大きい方の収縮チューブでキャップが緩まないよう収縮処理。キャップは収縮出来るのですが、ケーブルが細い為にケーブルの太さまでは収縮しきらないので開いた口を細めの収縮チューブでギュ~っとやると・・・

完成。完成!!
失敗しないのが当たり前で失敗したらダメなのに何故か失敗しないと気持ち良いケーブル製作でした。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL