「ジャックあるある/20.03.13」

・・・もー飽きたっ!!!!!

毎度。
バンジョーはパーツが多すぎ
磨くの飽きたわwww

そんな訳で別のリペアーへ・・・

ハイ、コレね。
いわゆる「ジャックあるある」です。

ジャックが緩んだ状態で使用しますと、稀にですが何かの拍子に変な向きに力が掛かったりするとですね、緩みかかったナットが片側だけネジのタップから一段ズレてしまい、緩んだまま完全にロックしてしまうんです。
そうなったらタダでさえ外すのは大変なんですけど、これがテレキャスターだと最悪なんですよっ!!!
このテレキャスターのジャック、知っている方も多いとは思いますけど、表のキャップ型のジャックプレートはビスなど使わずに固定されているんです。
どういう仕組みかと言いますと・・・

ちょー適当な図説をしますwww
ジャック部分の断面図なんですけど、黒の太いラインがキャップ型ジャックプレートで、その内側に(赤いライン)くの字に曲がった状態の金属プレートがあり、この二つのパーツを重ねた状態でジャックが貫通しています。そして表からナット(青いライン)を締める事で、くの字に曲がっていたプレートが伸び、ボディに当たっていた部分が食い込んで、その力で全てのパーツが固定されるんですよ。
そんな中でナットのトラブルが起きますと、ジャックの後ろを指で掴むにも力が入らず、ナットと一緒に延々とジャックも回り続けるだけなんです(汗
そして、キャップごと無理やり引っ張り出そうとしても、中で食い込んたプレートが邪魔をして外せません!!
そういう訳で・・・

ナット切断。

通常のジャックプレートに変更して一件落着です♪

さてさて、テレキャも完了しましてアコギのネックアイロンをしながら次なるリペアーへ移りますが・・・
なんやろ?
やはり最近はビザールなギターが多いですねぇwww
そんな変わったギターの中でもオイラが昔欲しかった一本が次なる相手です!!

スゲーですよ・・・

キャディラックっ!!!!!