「パトリック・イーグル」

・・・毎度!!

最近は修理の合間に、久々のパトリック・イーグルを進めました。
入荷した時は「ヒドイの一言」だったパトリック・イーグルのベルリン君ですけど、色剥ぎ~指板を外してロッドを交換~シェイプ加工・・・と徐々にレストアの道を進んでおりまして、今回はフレット交換をしました。

ステンレスフレットに交換しました。かなり減っておりましたのでね、せっかくですからステンレスフレットに交換しましたわ。
毎度お馴染みフリーダム製のステンレスフレットですけど、2種類中の今回は“ウォーム”をチョイス。ステンレスならではのスムーズな弾き心地はそのままに、ニッケルの様な温かみのあるトーン特性を持っております。
塗装前ですので、フレットサイドのテーパー処理と指板サイドのフレット溝をエボニーで蓋をしまして一旦終了。
磨り合わせは組込み後に行いますよ!!

いよいよ塗装です。最後にブリッジ・スタッド様のアンカーを交換して、いよいよ塗装に備えます。元々Willkinsonが搭載されていたんですけど、やはりGOTOH製510載せ換えて、BELLオリジナル”A.T.Sトレモロブロック”を載せなきゃねぇ~!!

いやいや、完成が楽しみですわ。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL