「ピッタリの美学」

・・・毎度。

今日もいろいろと修理を進めましたよ。
Facebookとネタかぶりしちゃいますけどね、よく行う修理で「ナット交換」があるんですけど、これって結構地味で奥が深いんです。
ギターによってナットの付いている溝の深さや幅など、1本ごとに形状が違うんですよ。
汎用の完成したナットも売ってはいますけど、本当にピッタリサイズなんてまずありませんわ!!
ですから修理で受けたナット交換では、かなり大きいサイズのブロックから、そのギターに合わせて細かく削り出していくんです。
で、最終的には溝の形状とピッタリサイズに仕上げるんです!!

ピッタリやら。・・・このナットも最初は倍以上の厚みがあるんですよ。

ピッタリやらっ!!!

・・・ハイ、ピッタリ!!気持ちエエでしょ!!
「ピッタリの美学」をオイラはこれからも続けていきます。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL