「ライクーダーMODEL」

1ハム・シンクロ・スピーカー・・・・・オモロイ!!・・・毎度!!
これは昨日メンテしたGRECO製MINI-Vですけど、以外に出てこないレアモデルなんですよねー。

そんなレアなモデルがBELLには他にも沢山あるんです。
ですけど、その凄さがイマイチ伝わっていない可愛そうなギター達もいらっしゃるので宣伝を兼ねて皆に紹介しますよ~っ!!

今回はコチラ・・・

綺麗でしょ。綺麗でしょ。
これはTAKAMINEPT-07Eと言いまして、通称”ライクーダーmodel”と言われている機種なんです。

07Eは1979年に発売されたタカミネ・エレアコの記念すべき第一号機なんですよ。
そして当時人気だったライクーダーに手渡した1本の07Eがタカミネの運命を決定付けたんですっ!!
その07Eをライクーダーがツアーで弾いて回ったのがキッカケで世の中にタカミネの名が知れ渡り、“世界のタカミネ”となったんですねー!!余談ですけど、少し前までセカンドブランドだった“Cooder”ってあったでしょ、これってライクーダーのCooderやからね。

話は戻ってこの07Eはファンの要望も多く、2000年代前半に100本限定、定価は当時の2倍で14万円で復刻されました。
ここまで07Eが大体分かってきたでしょ?

で、ココからが本題ですわ。
BELLの07Eは実は、当時モノなんですよっ!!こんなに綺麗なのにねっ!!

トラトラやらー!!・・・ほれ、サイドもトラ目バリバリで綺麗でしょ。
バックも、

裏も綺麗でしょ。・・・トラトラですよ。
傷も少ないし、パーツのくすみも無いし、こんな綺麗な状態は激レアですわっ!!

これは1980年製なんですけど、この80年モノがまた珍しいんですよ。79年発売の初期モデルと材質は同じでサイド&パックはカーリーメイプルでネックもメイプルなのにサウンドホールの形状は楕円じゃなくて真円。
81年製だと真円なんですけど、今度は材が違ってネックがマホガニーでサイド&バックはローズなんですよねー。
80年のカタログでも前半では初期型が、そして後半ではPT-007という後期型が掲載されちゃってるんです。

このステッカーは当時モノの証拠です。彫り込みロゴも珍しいですねー。・・・と言う事は、このBELLの07Eは1980年のカタログがリニューアルされる前の一時的に製造されたイレギュラー品と言ったところでしょうかねぇ。

いやいやレアやわ。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL