「今日もいろいろと」

・・・本当はココもマイナスがイイんだけど。・・・・・うぉし、エエ感じ。

毎度!!
“SnapperCarbine”のボディエンドストラップピン部分の取り付けを行ないました。いやいや良い感じです!!
一つのコンセプトに基づいてカスタムしたボディやパーツですから、それぞれが一つになるたびに強烈なインパクトを放ちますねぇ・・・

そして新たな修理にも入りました。Bladeのジャズベースなんですけど、

どれが合うかな~?・・・これはピックガード合わせをしているところです。
このBladeは最初からピックガードもコントロールパネルも付いていない仕様のモデルなんですけど、今回はココにアクリルのピックガードとコントロールパネルを製作して取り付けます。
修理箇所は他にもあるんですよ・・・数箇所のビス穴修正でしょ、裏パネを外さずに基板上のトリマーポットを可変出切る様にドライバーを差し込む穴を裏パネに開けたりと、まだまだあるんですけど・・・

ラクしすぎやらっ!!これ見てみぃ!!
プリアンプ基盤のアース部分なんだけど、アースがビス穴になっとるでしょ、実はココにビスを突っ込んでコントロールキャビティ内に直で固定すると、キャビティには導電塗料が塗ってあるので、固定した事でアースが落ちる仕組みなんです・・・

・・・ヒドすぎっ!!

こんなもん、ビスが緩んだらアースが断線したのと同じやからねぇ!!大爆音で演奏中に振動でビスが緩んでアースが外れて“ブウウウゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!”・・・スピーカー即死。
なんて事になったらどうするの!?案の定、ビス穴が馬鹿になっとるから今はアースが断線しかかっとる状態ですわ。

これが一番。・・・・これはこうやって基盤からアース線を直接ポットに落とすのが一番です。

さて、明日はピックガードを切り出しますよ!!そして、ESPジャズベースのネックも塗装に移りますっ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL