「今週も」

Fresher/FJ-331・・・毎度!!

珍しいでしょ、
フレッシャーのレフトハンドJAZZ BASSですわ。
ここまで綺麗にするのに恐ろしく大変でしたけど、何とかレストアも完了しまして現在は店頭に並んでおりますよ!!

そんな調整やらクリーニングやらと今週もいろいろな作業を行いましたねぇ。
その中の一部をご紹介・・・

GRECO/EG800コチラはGRECO/EG800
バラバラにしてからのフルメンテでした。
フレットにも傷が多くてハイポジション側の磨り合せから全体のクリーニング&調整で見事に復活しましたよ。

こちらは本物のヒスコレさんです。・・・こちらは本物のヒスコレさんです。
弦交換からの全調整でした。
とても大切に使用されている事が伝わってくるギターでね、使用期間3年の消耗はあるものの、無駄な傷は一切ありませんでした。
スバラシイ!!

痛々しいやら。(笑遂に痛ギターの作業に入りました。
とは言いましても、まずはダメージの多いボディ先端の再生からですけど(笑
速乾性のパテを欠けてしまった先端に盛り付けまして、乾燥したら削って整形。

ハイ、元通り。・・・こんな感じですわ!!
まだ反対側もあるんでね、しばらくは整形したり傷を埋めたりの作業です。

貴重なキャッツアイですよ。・・・このギターは凄いですよ!!
東海楽器ブランド「キャッツアイ」のCE350と言うモデル。
このロゴが全て大文字でしょ、大文字のキャッツアイは最初期の1975年~76年だけなんですよ。
そして350と言う機種はカタログ外の希少モデルなんです!!

エエ音しますよ~!!こちらもフルメンテしまして店頭へ。

K.SEVENそして最後はK.SEVENと言うKヤイリの今は無き輸出ブランド。

レフトハンドは珍しいです。しかも、またまたレフトハンドモデルなんです。
こちらはナットもサドルもありませんので、完成は少し先になりますかね~

・・・いやいや、レア物といっぱい出会えた1週間でした。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL