「修理いろいろ」

・・・毎度!!

今週もフランケンを中心に、いろんな修理を行いましたねぇ・・・

まだやっとりますわ・・・

これがフランケンですけど、まだ白黒時代の使用感を製作中なんですよ。鉛筆で下書きしながら少しずつ削っておりますわ。
で、同時進行で始めたのが・・・

取り合えず剥ぎ落とさんとね・・・J-45です。
トップのリフィニッシュを行う為にコチラも色剥ぎなんですけど、これがなかなか大変でねぇ、来週からは本格的に作業を進めていきますよ。

初めて見た・・・・・・あ、ぜんぜん関係ないですけど、ガリガリ君の当りですよっ!!
始めて見たわ・・・。

そして最後に、今日の修理でレスポールの配線を弾き直しました。
これが久しぶりにウエスタンエレクトリック製のワイヤーを使用したんです・・・

単線の王者"ウエスタンエレクトリック"これね。お客さんの御要望で使用したんですけど、凄いワイヤーなんですよ。
ベルデンと並んでキダー内部配線カスタムの先駆けになったワイヤーなんですけど手の込んだ作りでね、最近の安物みたいに”ビニール皮膜をカットしたらすぐワイヤー”とかじゃなく、クロス皮膜の中にはシルクで巻かれた単線ワイヤーがあり、その線自体にもブラックエナメルのコーティングがしてあるんです。ですから一箇所ハンダ付けするのにもクロス皮膜をカットし、シルクをカットし、エナメルコーティングされたワイヤーの先をペーパー掛けして、ようやく上質なワイヤーが顔を出すんですよ。
だから作業時間も4倍掛かるんだな・・・でもね、手間が掛かる分これがイイ音するんですっ!!輪郭がクッキリとして明るく、抜けの良い音になります。かと言って必要以上にギラギラせず、あばれる事もありません!!単線の王者ですわ。

60年近く前のデッドストック品で在庫にも限りがありますので、興味のある人・・・特に自分のギターの音がこもり気味で、シャキっとしたい人にはオススメですよっ!!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL