「前進?」

毎度!!

暑いしジメジメするし嫌な季節ですが、
オイラは負けずにギターメンテに精を出しております♪

そんなところに某楽器店から送られてきた修理品がコチラ・・・

ブリッジ前進!!
GIBSONカスタムショップ製の「J-45Custom Rose wood」なんですけど、弦に引っ張られてブリッジが前進しちゃってます(汗

ビス2本で固定した跡を隠す為のドットが付いておりますからねぇ・・・

なのに何故???

外してみましたところ、何とビス固定はされておらずダミーでした。
ドットを外すと、ちゃんとビス穴も開けてあるのにビスが入ってないやん!!

何でだ?

ブリッジ自体は他のモデルの流用なのか?

カスタムショップなのに???

・・・まあエエですわ、作業を進めましょwww

ブリッジ自体にも亀裂が入っておりましたので、まずはクランプで圧着。

次の日、亀裂の圧着が済んだブリッジを今度はボディに圧着!!

そのまた次の日、ボディと圧着の済んだブリッジのビス穴からボディ内部まで穴を貫通し、ビスを差し込んだらボディ内部からワッシャーとナットを使って頑丈に固定します。
ブリッジ修正が終了しましたので弦を張って調整と思ったら、何とネックが波打ち状態・・・(汗

ここまで直したのに無視は出来ず、

アイロン矯正と相成りました。

そして完成♪

いやいや、「ブリッジ剥がれ」の中でも前進は初めてでしたね。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL