「愛国心」

・・・・・「僕たちリタイア組がやるしかない」。福島第1原発の事故対応の長期化が予想される中、元技術者の山田恭暉さん(72)が発起人となって、収束作業に当たる「行動隊」結成を呼び掛けている。建屋での作業も念頭に置いているが、既に約130人が参加を表明しているという。
山田さんは東大工学部を卒業後、住友金属工業で勤務し、プラント建設などに従事。原子力に関する知識もあり、事故が深刻な事態に至ることはすぐに分かったという。
「ロボットを遠隔操作しても、最後には人間の目と手でしかできない大事な仕事が残る。高い放射線量の中で若い人がやったら、子供ができなくなる危険性もある。被ばくの影響が比較的少なく、技術も分かる僕たちのような退役組こそ適任と考えた」と語る。
山田さんは4月上旬、友人や元同僚らにメール500通、手紙2000通を送った。ホームページも立ち上げ、「次の世代に負の遺産を残さないため」として、原則60歳以上で現場作業に耐えられる体力、経験を条件に志願者を募った。
東大名誉教授、元自衛官、大型クレーン運転手、元溶接工、とび職など多彩な人材が名乗りを上げた。通訳の佐々木和子さん(72)は「何かできないか考えていたら、山田さんが声を上げたので飛びつきました。最初は断られたけれど、女性でもできることはあるはず」と話す。
東京電力が収束の計画を作り、協力企業やその下請けなどに実際の作業を頼る現状は、山田さんの目には心もとなく映る。原発安定化への作業を、政府主導の「国家プロジェクト」に格上げするよう提唱、与党の国会議員に働き掛けてもいる・・・・・

オイラ、これを読んで涙が溢れてきましたよ・・・。
自分には到底無理な事です。高濃度の放射線量だと分かっていての志願は、愛国心の他には何も無いと思います。・・・・“愛国心”思えば、「国の為に」と思って何かをした事は一度もない気がします。発起人の山田さんは72歳と高齢の方ですが、72歳と言う事は1939年生まれ・・・・すなわち欧州で第二次世界大戦が勃発した年です。幼少時代を戦時中に過ごし、敗戦のどん底から一生懸命に働き、日本復興を支え続けられた世代の方なんです。山田さんを筆頭に、今回名乗りを上げられた方々が戦後の日本を支えてくれたお陰で、オイラなんてバブル時代にノホホ~ンと学生時代を満喫し、今では好きな事をしながら家族と楽しく生活出来ているんですよ・・・。
そして今回の地震。本当だったら人生の半分以上を日本の為に一生懸命生きてこられたのですから、引退されてからは自分自身が楽しむための生活が続くはずなのに、福島第1原発の事故を終結する為・・・・いや、“次の世代に負の遺産を残さないため”に、もう一度日本の為に立ち上がられるんですよ!!・・・・・・言葉になりません。ただただ頭が下がります。

世の為・人の為などとよく耳にはしますけど、実際にはやっぱり自分が可愛いと思える行動ばかりのオイラは心が痛いですよ。そして同時に心にグサッときたみなさん、山田さん世代の方々が築き上げてくれた今の日本で生活出来ている事にもう少し感謝。そして、ほんの少しでも“愛国心”を持って行動出来る様になれればと思います・・・。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL