• Burny / RLC-60 (1989年製) 2018/12/08
      Burny / RLC-60 (1989年製) フェルナンデスが誇る”ザ・リバイバル・シリーズ”のRLC- […]
  • 「無事に保護」 2018/12/07
    ・・・ハト、飛び出しそうですwww 毎度♪ 1975年製のギターなので、 いろんなところが・・・ と言うか、 […]
  • 「思い入れこそ最強。」 2018/12/05
    毎度!! 落として割れました(泣 と言っても、 今までに3~4回は落としたので バッキバキやったけどねーwww […]
  • Taylor / DCSM “Dan Crary” (1989年代製) 2018/12/02
    Taylor / DCSM “Dan Crary” (1989年製) 綺麗なTaylorが入荷致しました♪ フ […]
  • 「6年周期」 2018/11/27
    ・・・新型投入!! 毎度www 先週ぶち壊れたコンプレッサーあったでしょ、 あの後すぐに新型投入しまして 現在 […]
  • 「五つ星」 2018/11/22
    ガ~ン!! コンプレッサーが壊れたっ!! ・・・毎度(( ノД`)シクシク… 一度は完成間近まで進んだ修理品が […]
  • 「ピエゾPU」 2018/11/18
    ♪ハンカチーフく~ださい~♪ ・・・毎度www “木綿のハンカチーフ”ってエエ曲やよね。 昨日、バント練習で演 […]

「牛骨VSアロマ」

・・・毎度。

寒いですね~。最近は寒くて木工室へ行く事も考えてしまいますよ・・・

昨日からグレッチ/テネシーローズのナット製作に入ったんですけどね、最初からヤスリで大きな牛骨から削り出すのは大変ですから、木工室にあるグラインダーを使ってサッサッサ~っとギリギリサイズまで削ってしまうんです。電動ですから作業は早いんですけど問題が一つ・・・・・

臭いっ!!

あのね、牛骨を猛スピードで削りますと、骨の焼けた何とも言いがたい異臭が出るんです。だいたいオイラはマスクを付けて、しかもなるべく息を止めて削るのですが、結局は隙間から匂いは浸透して店内が牛骨地獄になります。
お客さんにも”何?この匂い・・・”と何度も言われますのでストーブに当たりながら、オイラは言い事を思いつきました。

・・・巨大アロマですよ。

昔、塗装中のシンナー臭い店内にアロマをやっていたんです。小さなロウソクの上に小皿を置いて少量の水にアロマオイルを数滴。ほんのりイイ香りになるんですよねー。がしかしっ!!そんな小皿では、この牛骨ストロングスメルには太刀打ち出来ないんだよね・・・
と言う事は、ストーブの上には乾燥を防ぐ為に湯を沸かすでしょ、そこにアロマオイルを入れたら巨大アロマじゃないですかっ!!

ジャバジャバ入れたらピンボケましてん・・・こうやって、数滴・・・いや、ジャバジャバ~!!

結果・・・・・物凄くピーチな店内に微かに香る牛骨臭。

最悪DEATH!!


「STUDIO BELL」
Used Electric guitar/Acoustic Guitar/Amplifier/Effector/Repair.
中古楽器の販売、修理、買い取りに関してのご相談はお気軽に。
エレキギター・アコースティックギターのカスタムなどのご相談はお気軽にどうぞ。
TEL&FAX 0574(63)6312
BELLの商品は全て中古(USED)です。選りすぐりの良品をお試しください。
買取り後、店内にてメンテナンスをしてベストな状態に仕上げます。
新品の良さは当然ありますが、”ジャパンビンテージ”と言われるほど
評価の高い80年前後の国産ギターは、しっかりとしたメンテナンスを施しますと、
最高の パフォーマンスを聞かせてくれます。是非お試し下さい。

Comments are closed.