「80年代万歳!!METAL編」

・・・毎度!!

今日は“U!INK☆LADY”の練習です。シンセ担当のエンドウ豆は水害で大変な事になっているタイに行ってしまったので、今日からはバンドとしては丸裸にされた骨組みの練習!!そしてチー&ホーは振り付け・ハモリなどなど・・・・・ぐぅあんばるぞっ!!

と言う事で今日は早めにブログを済ます為に久々の“80年代万歳!!METAL編”です。
今回は・・・

whitelion

“WhiteLion”

・・・ヒョウ柄はアカンやん。
このバンド、ボーカルのマイク・トランプとギターのヴィト・ ブラッタによって1983年に結成。余談ですけどこのバンド、めちゃめちゃポップなハードロックを聞かせてくれるんですけど以外にスラッシュメタルと関係が深いんですよ。
・・・まずはドラムのグレッグ・ダンジェロですけど、彼はWhiteLion結成前、なんと“ANTHRAX”に在籍していたんですっ!!そしてベースのジェイムズ・ロメンゾ・・・・・詳しい人は名前を聞いて「ピンッ!!」と来たんじゃないですか?そうです、彼は現在“MEGADETH”のメンバーなんですっ!!

・・・スラッシャーやら。

しかもジェイムズに代わる前のベースはデイヴ・スピッツと言いましてダン・スピッツ(元ANTHRAXギター)の兄ちゃんだったんです。
・・・まぁいいや、そんなホワイトライオンですけど、1985年に待望のファーストアルバム“FightToSurvive”でデビュー・・・・・そのまま一瞬で消えました。

オイラ世代のメタルキッズの間では当時“一発屋と言えばホワイトライオン”というイメージが一旦は付いたんですけど、これがねぇ・・・・・87年発売の2nd“Pride”で起死回生の返り咲きですわ!!

pride

ホントにこのアルバムは売れましたよ・・・たしか全米でダブル・プラチナムまでいきましたからねぇ。曲は聴きやすく、メタル以外のファンも多かったんです。ボーカルの声質の影響で起伏のない曲調になってしまっている感は否めませんが、オイラが好きなのはギターフレーズ!!ヴィト・ ブラッタの独創的なフレージングがカッコイイんですよ。
ヴァン・ヘイレンやヌーノ・ベッテンコートの様なタイプで、バッキングフレーズがただの刻みじゃないからギターパートだけコピーして一人で弾いても楽しいんですよねー。オイラも後で紹介する2曲は覚えましたよ!!3rd”BigGame”までは知っていますけど、その後はオイラ知りません・・・・・どうやら91年に解散し、ボーカルのマイク・トランプは今もホワイトライオンを続けているみたいです。そしてオイラの好きなヴィト・ ブラッタは、解散後に関節を悪くしたか何かで音楽業界からは身を引いてしまったみたいです・・・・・残念ですねぇ。

今回は一発屋になりかけた”WhiteLion”でした・・・

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL