「80年代万歳!!METAL編」

・・・毎度!!
今日は“80年代万歳!!METAL編”ですよ。

最近はギターの練習をまたまた始めましてねぇ、この2週間は殆どベースを触っておりません・・・・・これがアカンのやな。
おかげで、すでにピンクレディの数曲がヤバイ感じになっちまっておりますっ!!
で、ギターの方はですねぇ・・・・・アカンね。
人間ってここまで忘れるモンですねぇ。ピックがなかなか馴染まんのですよねー。練習曲はギターをやめる直前に弾いていた“LumbOfGod”“WhiteLion”から挑戦しているところです。そしてホワイトライオンの“WAIT”という曲を思い出す為に毎度のごとくYouTubeを見ていた時に、関連動画に出てきたバンドが今回紹介する・・・・・

TNT

“TNT”

いや~懐かしくって急に紹介したくなったんですけどね!!このバンド、いつも紹介しているL.A.METALじゃなくて、ノルウェー出身の北欧メタルバンドなんですよ。現在の北欧メタルのイメージだとオイラ的には“顔が真っ白、目の周り真っ黒のデスメタル”って感じですけど、TNTは違いますっ!!トニー・ハーネルの“爽やかハイトーンボーカル”がハードポップな曲に見事にマッチしていて、現在のノルウェーのイメージとは全く逆っ!!
82年にファーストアルバム「TNT」を発表、ここ日本で人気が出始めたのは87年発表の3rdアルバム「TELL NO TALES」から。この時点で結局のところアメリカ進出していたんですけどね・・・。そして翌88年に発売された4枚目「INTUITION」で人気は最高潮!!
まさに今オイラが練習しているホワイトライオンの絶頂期と同時期ですわ。そして時代は流れ・・・・・

ノルウェーはデスメタルに占領されました。

それではTNTの代表曲をどうぞ・・・・・

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL