「80年代万歳!!METAL編」

FUZZ作ってます・・・・・・FUZZ作りながら毎度!!

今日はデスクワークしっぱなしでしたわ。と言ってもオイラの場合は事務仕事じゃなくて、見ての通りアンプ製作やエフェクター製作だけどね。
・・・では始めましょー!!今日のメタルさんは・・・

madison“Madison”

・・・酷い画像やなっ!!
スウェーデン出身の北欧メタルバンドです。日本では84年にデビューしたんですけど、ボーカルが“ゲラン・エドマン”と言いまして、後にジョンノーラムやイングウェイマルムスティーンのバンドで活躍しました。
その前に在籍していたバンドがマディソンです!!ハイトーンボーカルにメロディアスなツインギター、哀愁漂う北欧メタルの創世期を支えたマディソンは、ハチャメチャ能天気LAメタルの流行っていた時代に、良い言い方をすれば新鮮、悪い言い方をすればインパクト薄っ・・・

当時、友人が彼女を連れてマディソンのコンサートへ行ったんです。(こんなデートはないやろ!!)チケットは5列目以内と、かなり良いポジション・・・のはずが、いざ始まってみれば5列目以降はガラ~ン。
想像しただけでも早く帰りたくなる様な状態だったらしいです。

2ndアルバムです。多分、86年発表の2ndアルバムでバンドは終わっていると思いますけどオイラ詳しくは知りません。
たしかリードギターのマイケルミリネンが“俺はずっとマディソンでやっていくぜっ!!”・・・といった直後に前回登場したデンマークのバンド”マーシフルフェイト”のボーカルが立ち上げた“キングダイアモンド”に何も無かった様に移籍しとりました。
・・・しかもマイケルミリネンからマイケルムーンに名前まで換えてなっ!!

今回は北欧メタルの先駆者”madison”を紹介しました。
しかし酷い画質やな、オイラもっと綺麗な状態でビデオに残っとるぞ・・・

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL