「80年代万歳!!METAL編」

・・・毎度!!

ずうぅぅぅ~っと雨ですねぇ。
また台風が近づいているみたいですけど・・・

もう雨は飽きたな。

そんな休み明け最初のネタもまた「80年代万歳!!METAL編」ですよ。
いや、久しぶりに書いたら何だか楽しくなっちゃってねぇ(汗
しかも最近はまたメタルギターにハマっているので、今回はそれこそ今
ハマっているWHITE LIONに名前の似た・・・

LION“LION”

そうやな、名前が動物ってバンドも多いからシリーズにしてもエエな。(笑
まあ、そんな事より”LION”ですよ・・・
バンドはブリティッシュ系のメンバーが1983年、ケバケバメタル全盛期のL.Aに
拠点を移したところから始まります。主要メンバーのVo.カル・スワン(元Tytan)と
Dr.マーク・エドワーズ(元Steeler)が・・・

事実上は首にしたんでしょうけど、L.Aに来てデモの製作中にG.ダグ・アルドリッチ
とB.ジェリー・ベストを新たに加え、『13日の金曜日Part4』のサウンドトラックに収録
された”Love Is a Lie”でデビューを果たしました!!
ちなみに、Vo.カル・スワンの在籍していた”Tytan”はメタルの歴史には欠かせない
NWOBHMを代表するバンドの一つ”Angel Witch”のメンバーが解散後に立ち上げた
バンドで、Dr.マーク・エドワーズの在籍していた”Steeler”は、オイラの大好きなL.A.MET
ALバンド”KEEL”のボーカリスト”Ron Keel”のバンドです。
更ににギタリストが何と”Yngwie Malmsteen”だったんですよ!!

・・・って、どのバンドを紹介しとるのか分からんくなってきちゃいました(泣

ブログの進行具合がすでに悲運となっておりますが・・・
しかし、音楽的には13日の金曜日Part4』のサントラの後あのアニメ映画
「THE TRANSFORMERS」
の主題曲を提供。
2本とも有名な作品じゃないですか!!
そして1987年に1stアルバム”Dangerous Attraction”を発表。
89年には2ndアルバム”Trouble in Angel City”発表と順風満帆に見えた矢先・・・

Dr.マーク・エドワーズが事故で首を骨折

そして1ヵ月後に”LION”は解散しました。
当時、東京で行われた楽器フェアのジャクソン・ブースで知人と談笑していた時にダグが
入ってきましてね、カッコエエ人だったのを覚えております。

あのまま”LION”が解散していなければ、どうなっていたんでしょうねぇ・・・

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL