「80年代万歳!!METAL編」

ゾロ。

ゾロ。

・・・毎度!!
今日も暑かったですねぇー。ラグーナ行ったせいですっかりシャア専用になっちまったオイラですけどね・・・遂に顔の脱皮が始まりましたよ~っ!!
そんなオイラを見てバイオハザードとか言わんでください。

 

という訳で今回も“80年代万歳!!METAL編”なんですけど今回は少し違いまして、”今度はどの可愛そうなバンドにしようかなー”ってネット検索しておりましたところ、別に可愛そうでもなく、普通にカッコ良くて一時期ハマりまくったバンドと出会ってしまいました!!
コレも懐かしい事には変わりませんのでこれを機に紹介させていただきましょー!!今回はカッコええヘビメタさんです・・・・・

Blind Guardian - Batalions of FearBlind Guardian - followtheblind

“Blind Guardian “

このジャケを見て思う事はみんな同じだと思います・・・・・“ハロウィン?”
頭巾の人や中世物語的な風景など、まさにハロウィンの代表作“KEEPER OF THE SEVEN KEYS”辺りの雰囲気バシバシきとる感じやら。
そうなんですよ、彼らがデビューした年がまさにSEVEN KEYSのpart.2が出た1988年。しかも彼らはハロウィンの大ファンだったんです。

・・・・・こういう入り方って嫌な予感がぁ!!

・・・・・あのね、今まで紹介してきた可愛そうなヘビメタさん達もそうでしたけど、ソックリな印象が付いたバンドって、殆どの場合は長続きしないんですよ。マネはマネって事ですぐに飽きられてしまうものなんですけど、このブラインドガーディアンは違いました。

 

ハロウィンの真骨頂とも言える壮大でドラマチックなメロディにアメリカン・ベイエリア系のスラッシュメタルにも勝るとも劣らないスピーディーかつアグレッシヴなパワー感。ファーストアルバム“BATTALIONS OF FEAR”ではまだまだ荒削りな若造メタルですけど、この時すでに“未完の大器”といった雰囲気を感じるバンドでした。実際にセカンドアルバムではハロウィンのカイ・ハンセンもゲスト参加しましたからね!!

BlindGuardian

・・・・・現在もジャーマンメタルを代表する大御所として活躍しているそうですよ。それでは当時オイラが好きだった2曲を聞いてみてっ!!

 


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL