「HOFNERの修理」


・・・使用済みの耐水ペーパーの、

使ってない所を切り取って、

また使えるようにストック!!

あ、前に紹介しましたかね?

毎度www
今月も中古楽器のメンテやギター修理に励んでおります。

このHOFNERの459VTZも今週行った修理品の一本ですよ♪
ホローボディのギターにトレブルブースター&ファズのアクティブ回路が組み込まれた何とも凄いギターなんですけど、古い物なので基盤のコンデンサなどが劣化しているんでしょうね・・・

ノイズの嵐になってしまうんです!!

てな訳で、
オーナーさんの希望として

①回路のバイパス
②ピックアップのロウ漬け

この二点を行いました・・・

この回路ね。
修理終了後はボリュームとトーン以外のつまみはダミーになりますwww

久々の登場!!
オイラ特製”ポッティングマシーン”

60度程度に温めたロウにピックアップを漬け込み、

容器内部を大気圧よりも低い真空状態に近づけて、よい短い時間でピックアップ内部までロウを浸透させる優れモノ!!

そしてシンプルなサーキットに引きなおしまして無事に完成!!
いや~、調子の良いギターになりましたよ。
回路を通さないシンプルな配線になったおかげで、音の立ち上がりもイイし太くなりました。
そしてポッティングのおかげでローノイズ!!

いやいや、ホントに良いギターになりましたわ!!

・・・完成の写真、取り忘れましたけどwww

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL