「LIL’BUDDY」

・・・毎度!!

先日の事ですけど、スタジオのJC-90のスピーカーを交換しましたよ。
破れを補修して使っていたんですけど、遂にビリビリバリバリ・・・

止まらなくなりましたので。(泣

EMINENCE製"LIL'BUDDY"搭載したスピーカーはEMINENCE製”LIL’BUDDY”です。
ブリテイッシュサウンドのレッドコートシリーズとアメリカンサウンドのパトリオットシリーズがありまして、このLIL’BUDDYは後者の方ですよ。
果たしてどんなサウンドになるのでしょう?
ついでにスピーカーケーブルもベルデンに交換します!!

ケーブルもベルデン製に交換。・・・基板から元のケーブルを外して、ベルデンをハンダ付け。

ワクワクしますわ~。ケーブルごとスピーカーを外して、このLIL’BUDDYを搭載します・・・

重くなりました(泣ケーブルを繋いで完成!!
少し重くなった気が・・・

せっかくですからエンブレムも!!フロントにプレートを装着して全て完了。

シャキっとしましたねー!!
JCは元々”クッキリ”クリーンサウンドですけど、前にも増してクッキリしたと言いますか、カラっとしてフェンダーテイスト寄りになったと言いますか・・・

以前、現行モデルのツイン・リバーブと70年代中期の銀パネ・ツイン・リバーブを比べた事があるんですけど、その感じに似ております。
現行モデルだけを聞いていれば凄くクリーンの気持ちいい音なんですけど、その後に銀パネ弾いたら全く違うアンプ!!
現行モデルの音がこもって聞こえるんですよ。
そんな感じで、元のJCから更に洗練されたサウンドになりましたっ!!

Bスタに入っておりますので、興味のある方は是非どうぞ。

・・・これは百恵バンドで使えるわ(笑

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL