「PBレストア記」

・・・毎度!!

本日は2本の修理が完了しました~♪
では、その中の1本を御紹介しましょう・・・

コチラは1978年製プレシジョンベースです。
オーナー様が入手された時にはこの状態でして、

ブリッジ欠品!!
ペグも欠品!!
かろうじて残っているピックアップは断線!!

塗装面のクラックも、

「渋いっ!!」を通り越えてちゃってますね(汗

そこで、今回は塗装から全てやり直す“フルレストア”ですよ~!!
まずは塗装・・・

色を剥ぎますと、カッコイイ木目が出てきました!!
そしてウェザークラックは下塗りのサンジングにまで入っておりましたので、この下塗りを生かしたシースルーカラーに決定です♪

クラックの入った下塗りの上からもう一度サンジングシーラーを塗りまして、平らな表面に整えます。
そして数日後、いよいよ着色ですよ!!

気になるカラーはアンバーに決定。
長い年月を経たヘッドはすでにアンバーカラーに変色しておりますので・・・

日焼けの強いアンバーナチュラルに仕上げてマッチングヘッド仕様にしちゃいましょー♪

ボディカラーに合わせてピックガードもベッコウ柄に変更します。

元のピックガードから型取りをして糸鋸盤でダダダダダ・・・・・

塗装も仕上げの段階です。
水研ぎをしてバフ掛けをしまして・・・

完成♪
ピッカピカですわwww

そしていよいよ組み込みですよ~♪

完成したピックガードにパーツを取り付けて配線をします。

新たに取り寄せたペグとビス穴がずれるので、元の穴は埋め木をして新しく開け直します。

ブリッジを取り付けてピックガード側とボディ側を結線し、
ネックを取り付けて弦を張り、
各調整を施しまして・・・

完成です♪

カッコエエなー!!

自分で言うのもなんですけと、カッコエエですwww

透けて見える下塗りのウェザークラックが、このプレベー君の歴史を物語る特徴の一つになっておりますね~♪

 

パーツも外され、
音の出る状態からは程遠い所まで行ってしまったプレベー君。

これでまた可愛がってもらえますね~♪

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL