「SG “CUSTOM”」

変わり果てた愛機を蘇らせますよ!!
・・・毎度!!

前回、少しだけ紹介したSGのカスタムが完成しましたのでご紹介・・・
今回のお客様なんですけど、このSGを10年ほど前に知人に貸したそうなんです。

「時は経ち、変わり果てた姿で戻ってきた昔の愛機・・・そして10年の間に音楽の趣味も変わった自分。シングルコイルを好む今となってはSGの出番などなく、しかし思い入れのあるSGを使いたいのも事実・・・」

では、フルカスタムしちゃいましょうwww
レスポール・ジュニアにも興味のあったお客様でしたので、このSGのマホガニーボディを生かし、シェイプはSGだけどP90を乗っけてジュニアにしてしまえっ!!
勿論、カラーはTVイエロー!!
ついでにビグスビーも搭載しちゃえ!!

丸裸です。・・・ハイ、すでに色を剥いだ状態です。

ウッドフィラー塗りたくり中!!マホガニー材は導管が多いので、塗装前にウッドフィラー処理をします・・・

元のSGから模りしてP90仕様のピックガードを作ります。と、同時進行でP90サイズのピックガードを新たに製作します。

完成。・・・ハイ、完成。

下塗り「サンジング」作業中・・・翌日からサンジング作業に入りましたよ・・・

研磨しては塗装の繰り返し・・・翌日も、

研磨しては塗装の繰り返し・・・また翌日も・・・

研磨しては塗装の繰り返し・・・塗っては研磨の作業が続きます(汗

ようやく導管が埋まったところで、いよいよ着色!!
一言で”TVイエロー”と言いましても様々な色味がございまして、お客さんの好みは「黄色の薄め」という事でしたので・・・

着色終了。こんな感じですな。
そして、この後はラッカークリヤーのトップコート作業を数日間繰り返し、厚みが出来たところで表面を水研ぎし・・・

ピッカピカです!!バフ掛けしまして、ボディは完成!!

キャビティー内の導電処理キャビティ内に導電塗料を塗ったら組み込みです・・・

組み込み開始!!サーキットも完成しました。サーキットはスイッチクラフト、BOURNSなどのハイスペックパーツを使用し、ビンテージのハンダ、ワイヤー、コンデンサでまとめました。

ビグスビーを取り付け・・・アームを取り付け、すべての調整を施しまして・・・

完成。完成です!!

いや~、これはカッコエエですわ。
ギブソンからも出てない仕様のカッコエエSGに仕上がりまして、お客さんも喜んでくれました!!

昔と音楽の趣味は変わっても、
あの時と同じギターをリメイクし、
これからも愛機として活躍するって・・・

エエですよねぇ~♪
カッコエエ~♪

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL