“今日もリペアー三昧”

大変ですけど頑張りますよ~っ!!
現在、4本の修理品を同時進行している状態になってしまいましたねぇ。”ヘッド取れ”のエクスプローラーは現在接着中、エイジド加工中のエクスプローラーは1回休み。という事で、今日は”フェンダージャパン/ストラト”と、”キャパリソン/ホルツ”に取り掛かりました。

クラックだらけのヘッド塗装ホルツはネックのスカーフジョイント部分の目やせの為、段差が出来てしまっています。そしてヘッド表には塗装のクラック・・・・・よって、ネック裏の木地調整+オイルフィニッシュとヘッド表のリフィニッシュを行います。
本日はヘッド表の塗装剥がしとネック裏・スカーフジョイント部分の段差を取り除きまして終了。明日は木地調整を完了して、ヘッド表のリフィニッシュ準備に入ります。

そして今度はストラトです。フレット減りの為にデッドポイントが数箇所発生しております。また、ナット溝の磨耗もありますので、ナット交換も行いますよ。
まずは擦り合わせから・・・・9フレット辺りの2・3弦は殆ど音が伸びません。ロッド調整をした状態でもダメですから、9フレット以降に重点を置いて調整します。

擦り合わせをしたハイポジ付近のフレット

・・・・こんな感じですかね。これ以上はフレットがなくなってしまいますので、後は弦高の調整をしっかりと行います。
次にナット交換ですよ。このネックはナット付近の塗装が分厚いね。ナットにボッテリ乗っかっております!!コイツを慎重にカットしてナットを外すのですが、今度はナットがカチンカチンに接着されています・・・・・・最悪。
交換しやすい様に作ってほしいですね・・・元のナットが3つに割れてしまいましたが何とか撤去完了。・・・やはりベタベタに接着剤の後がっ!!コイツも綺麗に除去しなアカンのですわ。
・・・・接着剤も取り除き、新しいナットの厚みと長さを合わせて再度接着、溝を切りながら形状を整えて9割方完成しました。ここで一度弦を張ってフレットの確認です・・・・・バッチリ。
多少のビビリが出るポジションもありますけどアンプからは殆ど気になりませんし、何といっても作業前からは格段に良くなりました。普通に使えるギターに戻りましたよ!!ナット交換も行いましたから、弦のテンション感も良くなり、サスティーンも戻ってきました。これで明日は細かい最終的な調整をして完成ですね。

という事で、本日の作業はここまで!!お疲れ様でした・・・

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL