22/04/16

MINI-Z"FUJIKOBRA"2号

毎度!!

今日はコレ。ラジコンの話ですBELLのお客さんでも知らない人が多いとは思いますが、実はBELLの3階はですねぇ・・・・・・・・。
何を隠そうラジコンサーキットなんです!!
とは言いましても、もう1年以上封鎖状態ですけど。いや~、盛り上がっていましたよ!!昔はね。サーキットとは言いましても室内サーキットですからホームストレートでも6mほど。必然的にラジコンも小さいサイズの”MINI-Z”と言うラジコンの専用サーキットです。普通によく見かけるラジコンが1/10スケールなのに対して1/27という小さいラジコンなんですけど、これがまた超難しいんですよ!!モーターの種類・ギア比・サスペンションの硬さ・トー角・キャンバー角・タイヤの種類・コンパウンドの固さなど、実車さながらの奥の深~い代物なんです。
最初はハッキリ言ってナメテオリマシタ。オイラは1/10をやっていましたからねぇ。”こんな小さいラジコンがおもろい訳ないやん!!ちょっと貸してみぃ!!”とミニッツを持ってきたお客さんから借りてスタジオの中で試運転してみたんです・・・・・ヤバイ、ムズカシイ。超オモシロイ。
そしてサーキットを3階に作り、お客さんたちも巻き込んで10人くらいで熱中しました。最終的にはパソコンを導入し、コントロールラインにセンサーを取り付け、1/100秒までのラップタイムをリアルタイムで表示する本格的なサーキットになってしまいました!!ヒドイお客さんはねぇ、バンド練習でBELLに来たのにも関わらず、ギターを忘れてミニッツを持ってきましたからねぇ。まぁそれくらい熱中してしまう物なんですよ。
そんなサーキットがBELLにあると言う噂がどこから漏れたのかは知りませんが、一度面白い事がありました。ある日、閉店後の片付けをしておりましたら”コンコン”とドアをノックする音が。ブラインドを上げて外を見ると、はじめて見る中年男性が1人。”すいません、もう閉店なんですけど。”とオイラ。すると”あの~、ここのミニッツサーキットをみせて頂きたいのですが・・・”と男性。
なぜ?どうして楽器屋の中にサーキットがある事を知っとるん?意味も解らぬまま3階のサーキットへご案内しました。お客さんはスケールでコース幅やストレートの距離などを細かく計り、コーナーの組み合わせなどから”良いコースですねぇ、ホームストレートからフルブレーキングで1コーナーですか。あ~、インフィールドセクションもライン取りとアクセルワークが結構むずかしそうですねぇ。BELLさんのコースはドリフト禁止ですか?”などと、いかにも普通のラジコンサーキットに来て質問している感じなんですよ!!いや別にいいんですけどね、でもBELLはどう見ても楽器屋ですよ。やっぱり気になったのでお客さんに”あの、ここのサーキットの事はどの様にしてお知りになったんですか?”と聞くと、驚くべきご返答を頂きました。
“えっ、どの様にって、RCスポーツを見て来たんですけど。”?????????ハイ?ドウイウコト?
なんと、ラジコン雑誌の全国のミニッツサーキット一覧にBELLが載っていたと言うんですよ!!考えられんやら!!!
だれが教えたのかは未だに解りませんが、わかっている事は音楽雑誌よりも先に、ラジコン雑誌にBELLが載ったと言う事です。

あぁ~、ツカレタ。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL