「木目が美しい」

・・・毎度!!

今日もJ-45の塗装をしながらベルリンのレストア作業を進めました。
いよいよ塗装に入りましてねぇ・・・

このハッキリしない木目が・・・これが今から塗装するところなんですけどね、キルテッドメイプルの綺麗な木目が下塗りを数回塗るだけで浮き出てきますよ。
こうでしょ・・・

どうですかっ!!思いっきりキルトでしょ!!!ほれっ!!めちゃめちゃキルトやらっ!!

コレだけ綺麗な木目だと元々付いていたピックアップのエスカッションを使いたくないんですよねー。
だってさ、プラスチックの黒いエスカッションがフロント&リアで2箇所に付くんですよ。
なので・・・

目には目を!!木目には木目をっ!!エスカッションも木製にします。目には目を!!木目には木目をっ!!ですわ(笑)
“リオグランデ・パリサンダ”と言う名の木で、南米の珍しい木なんですよ。

糸ノコでサクサク~っと切り出します!!こうやって型取りした板から糸ノコで切り出しますと・・・

6割完成。もうエスカッションに見えますよね。
ここから形を整えていきますと・・・

7割完成。ほぼエスカッションの完成ですわ。
この後は更に表面を磨いてクリヤー塗装をする予定なので、やはり塗装後の木目が楽しみです。

肝心なJ-45の方は・・・

J-45でこのバーストは新鮮。本日2回目のクリヤー塗装日でした。
少しずつですがクリヤーにも厚みが出てきまして、サンバーストに深みが加わってきましたねぇ。
このJ-45も全体に大きくフレイム状の木目がうっすらと出てましてね、カッコイイんですよ!!

いやいや、やはり自然の力は凄い。木目万歳!!

塗装中の3本ですわ・・・

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL